2019年11月10日 更新

【抽選で3名様にプレゼント】「奇跡のリンゴ」木村秋則さんが指導・監修 “奇跡のお米”『木村式自然栽培米ナチュラル朝日』

有機肥料も不使用!地球にも人にも優しい!「奇跡のリンゴ」木村秋則さんが指導・監修した“奇跡のお米”『木村式自然栽培米ナチュラル朝日』をご紹介します。

 (204570)

農薬も肥料も使わないりんごの自然栽培に努力の末、成功したことでも有名な木村秋則さん。その物語は「奇跡のリンゴ」として出版、映画化もされ、今や木村式自然栽培のりんごは入手困難なほど人気を集めています。

その栽培法を木村さんから教わり、岡山県の契約農家が作ったお米があるのをご存知ですか?今回ご紹介するのは、そのお米『木村式自然栽培米ナチュラル朝日』。コシヒカリやササニシキの祖先にあたる、岡山の希少な在来種「朝日」で作られた究極の安心・安全なお米です。

「奇跡のリンゴ」木村秋則さんが指導・監修した“奇跡のお米”『木村式自然栽培米ナチュラル朝日』

 (204571)

『木村式自然栽培米ナチュラル朝日』は、世界で初めて、肥料も農薬も使わずにリンゴ栽培を成功させた、「奇跡のリンゴ」の産みの親として知られる木村秋則さんが直接指導、「NPO法人岡山県木村式自然栽培実行委員会」が認める岡山県契約農家が作った、農薬も化学肥料も、そして有機肥料すら使わない「究極の安心・安全」のお米のことです。
 (204572)

木村さんが自然栽培に適したお米として選んだのが、岡山県で古くから作られている品種『朝日』。明治41年、京都の農夫山本新次郎氏が、当時栽培していた品種『日の出』の中に発見した新種をもとにした品種で、昭和に入ってからは西の『朝日』、東の『亀の尾』と言われ美味しい米の代名詞となってきました。コシヒカリ、ササニシキの祖先にもあたる同米は、品種改良されていない希少な在来品種です。
朝日米は、法律により岡山県でその地位が保護されています。
他県で生産された朝日米は米穀検査を受けることはできず未検査米となり、朝日米の表示をすることは違法となります。そのため岡山県内で栽培された朝日米のみ、正式な朝日米と称して流通されています『木村式自然栽培米ナチュラル朝日』は、岡山県内JAの米穀検査を経て、JAS法による表示証明と、NPO法人岡山県木村式自然栽培実行委員会の認証を同時取得しています。
 (204573)

木村式自然栽培米生産者代表の山田徳三郎さんは、「農薬はまだしも肥料も使わずに米を栽培するなんて、最初は無理だと思っていました。木村さんの指導を受けるうちに、肥料をやり過ぎると、かえって病気に弱くなることがわかりました。自然栽培のお米は根がしっかり張ってミネラルがゆきわたるので、とてもおいしいんです。精米に玄米を2割ほど加えて炊くのもおすすめですよ」と、自信をもっておすすめしています。

有機肥料も不使用!地球にも人にも優しい『ナチュラル朝日』

オーガニックと同義と誤解されることが多い自然栽培ですが、農薬や化学肥料はもちろん、有 機肥料さえも使わないのが自然栽培の特徴です。おいしいお米にしようと肥料を与えることは良い事と思われがちですが、多すぎる肥料は稲を栄養過剰状態にし、弱い稲が育ってしまい、かえって農薬が必要となる、といった悪循環を生んでいます。さらに、肥料の70%はガス化して地球温暖化の原因の一つとなっているとも言われています。『木村式自然栽培米ナチュラル朝日』は、地球にも人にも優しいお米です。
▼木村さんのコメント
 (204574)

健康によく、農薬も化学肥料も、そして有機肥料すら使わないため、体にも地球環境にも優しい『木村式自然栽培米ナチュラル朝日』をこの機会にぜひ、ご賞味ください。
24 件

このまとめのキュレーター

【PR】元気ママ公式 【PR】元気ママ公式

このまとめのキーワード

元気ママが気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

カテゴリー一覧