2019年4月4日 更新

新元号発表!昭和ママ・平成ママの家事・育児実態に関する調査

平成ママは「背中」「足」「腰」がお疲れ気味!?「仕事で立ちっぱなし」も半数!働くママにおすすめは、エアーマッサージャー「コードレス レッグリフレ EW-RA38」

新元号「令和」が発表され、「平成」とはどんな時代だったのか、その振り返りにあらためて注目が集まっています。そこでパナソニック株式会社は、昭和・平成に育児経験のある昭和ママ/平成ママ 500名を対象に「家事・育児と体の負担」に関する調査を行いました。
gettyimages (187961)

【調査概要】
調査対象:平成ママ/現在未就学児の育児を行っている有職ママ 250名(20代~50代)
     昭和ママ/昭和の間に未就学児の育児を行っていたママ 250名(50代~70代)
調査期間:2019年3月11日~3月12日
調査方法:インターネット調査

アイロン、雑巾がけ…手がかかる家事は昭和ママに軍配!平成ママは立ちっぱなしの苦労も

はじめに、昭和ママと平成ママの家事・育児などの日常生活を比較すると、「家族全員のアイロンがけ」(昭和ママ:60%、平成ママ:17%)では43ポイント差、「日常的な室内の雑巾が け」(昭和ママ:48%、平成ママ:17%)では31ポイント差など、手がかかる家事の実施率については昭和ママが平成ママを大きく上回る結果となりました。

一方、働く平成ママに関しては「仕事や通勤で立ちっぱなしの機会が多い」と感じている人が半数超(51%)となり、働く平成ママたちの中には立ちっぱなしのつらさを感じている人も少なからずいるようです。[表1]

「おんぶ」の昭和ママ、「抱っこ」の平成ママ。買い物時のおんぶ/抱っこ差は20pt以上も

 (187976)

続いて、こうした家事を行いながらの育児状況について比較を行いました。「おんぶをしながら家事をこなすことが多い」と回答したのは昭和ママが56%、平成ママが40%と16 ポイントの差。一方、「抱っこしながら家事をこなすことが多い」のは、昭和ママが25%、平成ママが51%と平成ママが大きく上回っており、「おんぶしながら家事=昭和ママ、抱っこしながら家事=平成ママ」と言うことができそうです。[グラフ1]



「おんぶの昭和、抱っこの平成」の差が顕著にみられたのは、「買い物」です。おんぶ率で昭和ママが20ポイント(昭和ママ34%:平成ママ14%)上回る一方、抱っこ率では、平成ママが36ポイント(昭和ママ38%:平成ママ74%)も多く見られました。 [グラフ2]

働く平成ママは「背中」「足」「腰」がお疲れ気味!?一方、家事・育児はパートナーと分担

家事と育児に加え、仕事をしている人もいるママたち。そこで、一日を終えた後に体の疲れを感じることがあるという昭和ママ225名・平成ママ244名に、どこに疲れを感じるかきいてみました。

働く平成ママの「背中」「足」「腰」がそれぞれ10ポイント以上も昭和ママより多くなっています。[グラフ3] 仕事で立ちっぱなしとなる人も多いようで、「抱っこ」しながら家事をこなす平成ママは、一日を終えた時に「背中」「足」「腰」に大きな負担を感じやすいことがうかがえます。

特に家事や育児に加え、仕事で取る体勢・姿勢が平成ママの体の疲れには大きく影響しているようで、「日中はパソコンに向かい、それ以外は家事をするだけで休憩する時間がなく、背中が張ってくる」(34歳:平成ママ)、「家事や通勤で歩くことが多いから足が疲れる」(45歳:平成ママ)などの意見が聞かれます。

しかし、平成ママもただ大変なばかりではありません。パートナーと家事や育児を分担できているかきくと、「育児」では昭和ママと30ポイント差(昭和ママ:24%、平成ママ:54%)、「家事」では 33 ポイント差(昭和ママ:11%、平成ママ:44%)となり、パートナーと上手に家事・育児を分担している平成ママの姿も垣間見える結果となりました。[グラフ4]

肩たたき券をもらった経験は昭和ママ59%に対し、平成ママは14% …時代にあったギフトの必要も!?

 (187975)

32 件

このまとめのキュレーター

【PR】元気ママ公式 【PR】元気ママ公式

このまとめのキーワード

元気ママが気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

カテゴリー一覧

キャンペーン情報