2016年11月21日 更新

【専門家アドバイス】乳幼児のアレルギー性喘息について

子育てや健康状態で不安な点はありましたか?アレルギー性喘息の発症を回避させる環境づくりについてアドバイス!

子育てや健康状態で不安な点はありましたか?

 (18948)

当プロジェクトが3歳以下の子供を持つママ1000人にアンケートを実施しました。

子育てや健康状態で不安な点はありましたか?
 (12619)

アンケートの結果、目についたのは「アレルギー」。その中でも「小児喘息」を発症する子どもが多くみられました。これらは、ママにとって悩みのようです。

小児喘息を発症する原因

今回のアドバイザーは免疫学の権威、穂積信道医学博士。
 (12623)

1987年ノーベル医学、生理学賞を受賞した利根川進博士と共に免疫グロブリン遺伝子の再構成を発覚し、医学界で大きな功績を残しています。
現在、喘息の患者数は、20年間で3倍にも増加しています。
 (12625)

穂積医学博士
「5歳までに発症するものも多く、小児喘息の80%はアレルギー性喘息といわれています。」
そんな小児喘息が増加傾向にある理由は、両親のどちらかのアレルギー体質が遺伝したり、または生まれつき子供の気管支が弱い、免疫力が低い・・・などにあるといいます。
 (12628)

小児喘息を発症する原因は、ダニ、カビなどのハウスダスト、他、様々なアレルギー因子やタバコの煙やホルムアルデヒドの科学物質なども深い関係があると言われています。
 (12629)

その症状は、気管支が傷つき、腫れ・たんがつまる。などで、気管支が狭くなり呼吸が大変苦しい状態となります。
その治療には、アレルギー反応を抑える作用がある「吸入ステロイド薬」が、主に使用されているといいます。
 (12632)

小児喘息は、すぐ完治できないといわれており、症状が小さい時に治まっても、大人になり再発することもあるといいます。
36 件

このまとめのキュレーター

元気ママ公式 元気ママ公式

このまとめのキーワード

元気ママが気に入ったら
「いいね!」をしよう♡

関連するまとめ こんな記事も人気です♪

【専門家アドバイス】乳幼児の食物アレルギーについて

【専門家アドバイス】乳幼児の食物アレルギーについて

子供が3歳までにかかった病気はありますか?離乳食を始める頃から増加するという食物アレルギー。発症を防ぐ方法をアドバイス!
元気ママ公式 | 364 view
【専門家アドバイス】子供の花粉症について

【専門家アドバイス】子供の花粉症について

身体的な面や、育児上で不安を抱く点はありましたか?アレルギーである花粉症対策についてアドバイス!
元気ママ公式 | 411 view
【専門家アドバイス】乳幼児の下痢について

【専門家アドバイス】乳幼児の下痢について

子育てや健康に関して不安な点はありましたか?乳幼児の下痢で一番注意が必要なのは脱水症状。予防方法をアドバイス!
元気ママ公式 | 298 view
【専門家アドバイス】子どもの風邪の予防

【専門家アドバイス】子どもの風邪の予防

季節の変わり目、子どもたちに気を遣うことはなんですか?子どもの急な発熱や体調不良はママたちの苦労の種。風邪の予防方法をアドバイス!
元気ママ公式 | 365 view
【専門家アドバイス】子どもの便秘

【専門家アドバイス】子どもの便秘

腸の働きが十分でない赤ちゃんの便秘の解消法をアドバイス!「便秘かな?」チェック付き!
元気ママ公式 | 818 view

カテゴリー一覧